表札の話

ホームへ戻る >  Vol.2 ~寝室リフォーム~  > 表札の話

表札は標札ともいうそうです。「標」は「気位を高く持ち、目に付くように振る舞う」という意味だそうです。


歴史は以外に浅くて、明治初期くらい。それより前にも武士の家にはあったようですが、国民みんなが苗字を許されて、家の門に表札が付けられ始めたそうです。


掛け方にもルールがあって、洋風住宅なら玄関に向かって右側、和風住宅なら左側、だそうです。あくまでも原則らしいのですが・・・。原則は原則として、表札は訪れるお客様や郵便屋さん、宅急便さんが迷わず見つけられる位置が最良だと思いますね。

表札には苗字だけのもの、名前まで入れたもの、住所まで入れたもの、いろいろありますが、本来は建物の持ち主を明示するものなので、世帯主の姓名だけを入れるそうです。家相学などの運気の観点からの話ですが、開運表札と呼ばれるものもあって、縁起が良い・悪い表札もあるそうです。しかし、現在では、女性の一人暮らしでは防犯のため苗字だけを入れたり、デザインを重視してガラスや陶器、ステンレスで作られたものもあって、多種多様。住宅団地などでは、その家の個性が表現されていて、表札だけを見て廻っても楽しいです。


ホームセンターなどで部材を買ってご家族でデザインされたり、パソコンで作ったものを専門業者に依頼されたり、「表札も家づくりの一環」として楽しまれてみてはいかがでしょうか。