あえて坪単価表示

ホームへ戻る >  Vol.2 ~寝室リフォーム~  > あえて坪単価表示

当社は、賛否両論が交錯する中、あえて坪単価表示を選びました。「坪単価」なんてウソッパチだ!、そんな価格で家が建つわけがない!という業者もたくさんいらっしゃると思いますが、坪単価の本当の仕組みを知れば、今よりも高性能で高品質な家がより安く提供できる、というメリットがあります。仕組みを研究し、努力すればどの業者にも出来るはずなのです。

坪単価表示のカラクリに意義を唱えたい当社があえて坪単価表示する理由は2つあります。1つ目は、価格が見えていること。たとえば、(私個人的な偏見ですが)お寿司屋さんにいって「時価」と書いてある品に恐怖を感じます。100円なのか1万円なのかもわからないなんて、お客様に優しくないぞ!って。だから注文できませんし、聞く勇気もありません(涙)。さておき、現在ハウスメーカーをはじめ、多くの業者が広告などに坪単価を掲載しています。それらを研究して、まったく同じ条件とは言えませんが、近い条件での価格表示をすることにより、比較しやすくなるのでは、と考えたからです。さらにいえば、当社ではプランニングの段階から「坪単価」だけでなく「建築総費用」でのご提案をさせていただいておりますから、予算オーバーを未然に防ぐことができるからです。


2つ目の理由は、コストダウンができることです。坪単価の仕組みには「標準化」と呼ばれる手法があります。設備や材料などを「標準仕様」として限定することにより、大手メーカーから安く仕入れることができます。だからといって、他の商品を選べないわけではなく、あくまで「標準仕様」に組み込むということです。これにより、メーカーは自社の商品を一番に紹介されるし、そのままお客様に選んでもらえる可能性が高いわけですから、通常購入するよりも比較的安く仕入れることができます。そして、年間を通じての実績が翌年に反映され、さらに安く購入できる、という仕組みです。但し、安くなるといっても1部品につき、ほんの数百円程度。でも住宅一軒に必要な部品は数万部品ありますので、チリも積もれば・・・ですよね。