坪単価の価格の仕組み

ホームへ戻る >  Vol.2 ~寝室リフォーム~  > 坪単価の価格の仕組み

まず「坪単価」に含まれる範囲ですが、一般的には「本体価格」と呼ばれる建物本体のみの価格です。「システムキッチンやバスルームなどの設備が含まれていないから安いんでしょ?という「坪単価の仕組み」をご存知ない方もおられれますが、そういった設備も、建物に固定建物に固定されているものはもちろん含まれています。問題は固定されていない部分固定されていない部分です。

表2で比較すると、A社には網戸が含まれていません。つまりオプション扱いとなります。C社は網戸やカーテンは付いていますが、給湯器がオプション扱いとなります。つまり、業界での基準が定められていないわけです。比較するには同じ設備や同じ工事範囲でないと意味がないと思うのですが、残念ながら現在は各社自由です。あまりにも消費者無視の思想というか、自社本位の思想だと思われませんか?


次に面積ですが、「坪単価○○万円」で建てることができる面積には規制があります。この規制も各社自由に設定できます。はっきり言ってズルイです(笑)。わかりやすい例では、体育館のように大きな家と犬小屋のような小さな家では坪単価が大きく変わる、ということです。坪単価を安く表示するためには、大きくて間仕切りの少ない家を設計して、それを建てるときにかかる費用を坪(面積)で割ります。当然安い坪単価になります。これが坪単価を安く見せるカラクリです。「坪単価○○万円より」の「より」がミソなんです。また、坪単価の計算をする際に「床面積」ではなく、「施工面積」を使用する場合もあります。「施工面積」とは床面積に入らないベランダや吹抜け部分を足した面積のことです。屋根のひさしの先までの面積を計算する場合もあるようです。


もうおわかりですね。坪単価が表しているのは「もしこの面積以上で、この条件(間取りや設備など)で建てるとしたら、この価格になる可能性がありますよ」ということです。いかに「坪単価」が複雑で不親切なものかを理解していただけましたでしょうか。まだまだカラクリはあります。機会があればいつでもお話しさせていただきます。お気軽にご来店ください。