着工・基礎工事~上棟・各種工事

ホームへ戻る >  家具の話  > 着工・基礎工事~上棟・各種工事

建物をしっかりサポート

安全性・耐久性に関わる重要工事



いよいよ着工となります。お客様との立会いにより、地縄と呼ばれるロープを敷地に張って建物の位置をご確認いただき、基礎工事の着工となります。何十年もご家族の生活を支えるマイホーム。家が沈んだり、傾かないようにするには、建物の重さを偏らず分散させながら、直接地盤に伝えることが必要です。その役割で最も重要なのが基礎工事。基礎は地面に接しているうえ、湿度の高い環境にあります。もちろん強度も要求されますから、木造住宅の場合も基礎部分は鉄筋コンクリートでつくります。コンクリートを打設する前には、第三者機関の鉄筋検査を受けます。

住まいのカタチが見えてきた!



だんだん「家」としての実感が湧いてくるのがここからです。出来上がった基礎の上に土台を敷き、その上に柱を立て梁を掛けて、建物の骨組みが出来上がります。その後、屋根工事、外壁工事、建具工事、電気設備工事、給排水設備工事、内装工事等、当社大工と協力業者との連携により、工事が進んでいきます。建築中の現場には当社スタッフが巡回し、必要に応じて随時お客様にご報告いたします。