歯肉炎と歯周炎について

ホームへ戻る >  歯根に埋め込むインプラント  > 歯肉炎と歯周炎について

品川区の人口は約35万人です。品川駅はJR被害日本の東海道線、横須賀線、山手線、京浜東北線が通っています。JR東海の東海道新幹線、京浜急行電鉄の停車駅でもあります。その為、駅構内はとても広く、JR東日本において一日の平均乗車人数は約33万人で、JR東日本の中では6位です。駅周辺には大きなシティホテルが多いのが特徴です。又、東海道新幹線が停車することにより、名古屋や関西方面へのアクセスが良くなった事で、多くの企業が品川駅周辺に集結する結果となりました。歯周病と一言で言っても、たくさんのタイプがあります。歯周病とは、読んで字のごとく、歯の周りに付いた歯垢やプラークが原因となって起こる歯の周りの病気です。

歯周病は大きく分けると、歯肉炎と歯周炎に分かれます。歯肉炎は歯肉に炎症が起こることによって歯肉が腫れたり出血したります。早期に治療を行えば完治しますが、放置しておくと、歯周炎に発展してしまいます。歯肉炎の中にも、普通の歯肉炎、妊娠性歯肉炎、薬物性歯肉炎など、様々なタイプがあります。歯周炎は、歯を支えている歯槽骨が破壊される病気です。一般的に歯周炎と言われるタイプは、成人性歯周炎で、30代以降に発症することが多く、比較的ゆっくり進行し、初期症状がほとんどなく、自分では気づかない事が多いのが特徴です。