口腔ケアでインフルエンザ発症率激減

ホームへ戻る >  歯根に埋め込むインプラント  > 口腔ケアでインフルエンザ発症率激減

ある介護施設で、歯科衛生士が高齢者に対してブラッシング指導や舌磨きなどの口腔ケアを1週間に1回実施したところ、インフルエンザ発症率が10分の1に激減したということが、テレビで取り上げられて反響を呼びました。なぜ、口腔ケアがインフルエンザの発症を抑えるかというと、ウイルスが体内に入って増殖して病気を引き起こすためには気道の粘膜を通過しなければなりませんが、粘膜はウイルスが簡単に入り込めないようになっています。しかし、歯垢・歯石・舌苔などから発生するプロテアーゼという酵素が含まれていてこの酵素が粘膜を破壊してしまうとウイルスが簡単に入り込んでしまいインフルエンザを発症しやすくなります。

富田歯科医院
http://www.tomita-dc.com/

そこで、正しいケアにより口の中の細菌を減らすことより歯垢や歯石を減らすことで、プロテアーゼが減少し、ウイルスの増殖を防ぐことにつながるのです。インフルエンザだけでなく他の病気の予防にもつながるということで、豊島区の歯科ではこのような口腔ケアに取り組む医院や、歯科衛生士が豊島区の小学校に行きブラッシング指導を行なったりしています。また訪問歯科によって豊島区に住む高齢者のお宅を訪問し、虫歯の治療や、ブラッシング指導、舌磨きを行なっています。

http://www.tomita-dc.com/
http://www.tomita-dc.com/